型枠外し、整地

型枠をはずすまでの中3日間は、雨も降らず良い天気であり良かったです。

型枠全体にブルーの養生シートがかかり、中がまったく見えない状態です。

現場によったときには、すでにほぼコンクリが打ち終わり、次のミキサーがくるまで待っているような状態でした。この状態できっと3回ぐ らいミキサーがきているはずです。あと1回で全部終わるような感じでした。

養生されている状態

道路側より左奥
低い部分の基礎まではコンクリがすでに入っているのがわかります。

養生されている状態

道路側より右奥
一部木枠で囲われてコンクリが打ってある部分があります。
ここはどうしてこのようになっているのでしょうか。

養生されている状態

道路側より右奥
同様に右側の部分のアップ

養生されている状態

道路沿い前面の部分
波状の型枠が土によって埋められています。

養生されている状態

上から見た図
敷地いっぱいに建っています。
道路から左奥の基礎も木枠でさらに組んであるのがこの写真でわかりました。

 

しばらくしてから、再度現場に行ったら、ミキサーも来てコンクリを打っ ていました。

ちゃんとバイブレーターもかけながら、打ち終わったところは、表面を平らに均していたりして、きちんと仕事をしていてくれました。
ちょ うど15:30ぐらいにはミキサーも、ポンプ車も出て行きました。

翌日には、すでに型枠は外されて、整地中という状態です。

型枠はずした後の状態

道路沿いから
写真左下の高い部分が玄関土間、奥の高いところがエレベーター用の土間です。

型枠はずした後の状態

敷地奥から道路側をみる
柱用のアンカーボルトが見えます。基礎養生の時まであった土は、表面からは見えず、新しい土が入れられているように見えます。
あのパイプたちが見事になくなっています。

養生されている状態

敷地奥側
左側の塀は隣の敷地です。

型枠はずした後の状態

敷地奥から道路側
右側のブロックは、こちらの敷地側にすべてあります。

型枠はずした後の状態

エレベーター土間のそば
後で打つ土間用のコンクリのラインが墨出しされています。
移っている足のそばは、ブルドーザーの影響か、コンクリの表層がはがれています。気になりますが、この程度は大丈夫でしょう。内側には砂利も見えるので しっかりした基礎になっていると思います。

型枠はずした後の状態

基礎の写真
高い基礎になっている部分と、全体と同様の低い基礎の間をつないでいた金具が残っています。
これらは、最後にはどうなるのでしょうか。

型枠はずした後の状態

上から見た図
これで敷地全体と柱の関係がよくわかります。

copyright© 2006 kensuke.jp All Rights Reserved.