クレーン設置

8/30 今日の昼間はにわか雨が降っているような天気でしたが、クレーンの設置ということになっているので、さほど心配ではありません。

どんな状態になっているか、現地を夕方見て着たら、すっかりクレーンの設置は終わっていて何の作業もしていない状態でした。
我が家の場合には敷地が狭く、前面の道路も人通りが多く通行止めにするには難しいために、建物の内部に小型のクレーンを設置するということだったので、ど のようなものかが関心がありました。

クレーン全景

クレーン全景
小さい割には、大きいクレーンだと思います。これで3Fの屋上まで持ち上げる必要があるのですからね。

ひとつ気になったのは、入り口近くに、まだ電線のカバーなどが残っていることです。一体いつになったら、設置されるのでしょうか。

そろそろ、長い間見えていた敷地全体も見えるのが最後になるでしょう。

クレーン足下

クレーンの足下は、クッション材で下を痛めないようになっています。
写真中央にキャタピラの足跡が付いていますね。
正面の入り口から自走して入っていったのでしょう。

土地の高低差 左

敷地の左側
玄関の土間のコンクリに雨水がたまっています。悲しいような、きちんと勾配になっているので良いというような..

土地の高低差 右

上から見た写真
きちんと整地され、クレーンだけが乗っかっています。

copyright© 2006 kensuke.jp All Rights Reserved.