大工工事開始

9月は、雨がとても多く工事に影響があるのではないかと、とても心配しました。そのために、大工工事が始まる前に防水工事が完了してい るのかが気になり、見に行きました。

まずは10/1の時点です。

水道関連の配管の様子

根伐り後の写真

1階
廊下部分との境のブロックがすべて積まれました。コンクリの部分が黒く水分を含んでいるのでまだ打ったばかりです。青いパイプと そのとなりの黒いパイプは、青-水道、黒-排水のパイプです。

土地の高低差 左

1F玄関部分
水道の根元になる部分です。2本あるのをよく見ると、写真上側が3Fと、下側が2Fとかかれているようです。
そのために、立ち上がりのPSに2本の青い水道管が通っています。
ここは、最終的には、玄関の上がった部分(室内)になります。

土地の高低差 右

1F天井
手前のPSから立ち上がった水道と排水が1Fの天井部分を通っています。
真ん中のベージュの物は、2Fの水道の分岐ヘッダーになっています。赤い配管は給湯機からのお湯の配管です。排水は、右側の汚水(トイレの汚水)と左側の 雑 排水(それ 以外)に分かれています。
積水は、さや管ヘッダーではないようで、ただのヘッダーと言うことです。排水等のパイプは2重にはなって折らず、直接流れるそうです。お湯の断熱などは気 になりますが...

土地の高低差 右

2Fの洗面所の床にあたる部分
真ん中の黒いのが雑排水で、写真右側の HとCの部分はおそらく洗面台用の給水です。そのすぐそばを通っているのが、洗濯用の給水(湯水の両方)です。写真の右上を斜めに横切っているのが、給湯 機への給水と、給湯機からのお湯かと思います。

土地の高低差 右

2Fのトイレの床にあたる部分
中央の給排水はトイレ内の洗面用です。わかりにくいですが、写真の左側やや下側の部分がトイレ自体の給排水です。断熱材が巻かれていないのが、空気抜けの 管のようです。

土地の高低差 右

2F洗面所付近
2Fの床を見てみるとこのように配管されています。手前が洗面台、真ん中が洗濯用、一番奥の壁側が給湯機への配管です。

土地の高低差 右

2F浴室付近
浴室用の給排水が写真下に見えます。浴室は一段下がってALC床ができています。
浴室の向こう側はトイレ用の給排水で、写真一番右側の黒い柱っぽいけど丸く結束帯が巻かれているのが、3Fへの給排水のPSです。

土地の高低差 右

2F浴室
浴室への給排水は、たったこれだけで後はユニットでまかなわれるのですね...

土地の高低差 右

2Fトイレ
手前が洗面用、奥がトイレ用で、奥の右側は空気抜け

土地の高低差 右

2F天井(エレベーターの前)
3Fへの給水のヘッダーが取り付けられています。

土地の高低差 右

3Fキッチン床
キッチンの給排水です。手前がシンク用の給水で、奥の給湯だけなのが食洗機用です。


雨漏りの具合について


実は、この撮影の日は前日のよるからの雨がずっと降っている日で、ちゃんと防水されていて水が入ったりしないかを確認しに来たのですが、これからの写真や 今までの写真の通りあちこちに水が入ってきていました。正直言って、大丈夫か心配なぐらいの量です。
2F浴室付近や2Fのトイレ付近の写真でブルーのシートの色が違っている部分は、水が降り込んでいて溜まっているために色が変わっているところなのです。

土地の高低差 右

2F浴室隣のベランダ床にあたる部分
壁面には雨がしみている部分が、黒っぽくなっています。それよりもひどいのが、ALCの隙間から水がしたたり落ちているのがよく見ると写っています。

土地の高低差 右

2F床
ここも水がたくさん漏っていて、溜まっています。

土地の高低差 右

2F天窓
2Fは真上の天窓があるために、付けられていなければ大雨が降り込んでいるのを心配しましたが、どうやら天窓は付けられているようです。
写真を撮ったときには気がつかなかった、雨染みが写真左上にできています。

土地の高低差 右

ベランダ部分床
ベランダは白いところがALCで隙間はコンクリを打つようです。この後に本当は防水をするのですが、まだ防水されていないために、ALCの隙間やコンクリ などの継ぎ目から雨が入り放題の状態です。
外側のベランダの壁とALCの間は開いていたのですが、合板の板のような物で埋めています。しかし、鉄骨のボルトなどがある部分は三角に切ってあり、完全 に側面が合板で仕切られるというわけではなさそうです。

土地の高低差 右

ベランダ部分柵
すでに、ベランダの天板が張られて、手すりも付けられていますが、まだ天板の目地などは処理されていないみたいです。水が入っていないかが心配です。

土地の高低差 右

3F天井
心配していた3Fの天窓もすでに取り付けられていて、雨の直接の侵入はあわずにすみました。
3Fは大きな雨漏りをしているところがなく、不思議でした。

土地の高低差 右

2F天井となる部分
3Fから見える2Fの天井となる部分が防水されていました。もしや、と思い屋上を確認すると...

土地の高低差 右

換気口
すでに、各所にこのような換気口が付けられていました。

土地の高低差 右

屋上
すでに、屋上は完全にできていて、防水処理もすべてなされていました。そのために、3Fはほとんど雨漏りがしていなかったのです。


不思議な部分


実は、ずっと扉が取り付けられずにいる1F敷地裏の扉の部分があり、不思議に思っていたら、下記のような状態になっていました。一体何が起きているの か..扉の位置がちがうのか、扉の大きさが違うのか....

土地の高低差 右

1F裏側 扉
外壁と扉の枠がずれています。ここも、ベランダの下になるので雨がしみています。

土地の高低差 右

1F裏側 扉
基礎も右側は切り取られたような跡があり、左は付け足されたような跡があります。

copyright© 2006 kensuke.jp All Rights Reserved.