Top / test / Ubuntu 10.04 LTS Server / 09_mailman

mailmanのインストール

$ sudo apt-get install mailman
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  apache2 apache2-mpm-worker apache2-utils apache2.2-bin apache2.2-common libapr1 libaprutil1 libaprutil1-dbd-sqlite3
  libaprutil1-ldap pwgen
提案パッケージ:
  apache2-doc apache2-suexec apache2-suexec-custom spamassassin lynx listadmin
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  apache2 apache2-mpm-worker apache2-utils apache2.2-bin apache2.2-common libapr1 libaprutil1 libaprutil1-dbd-sqlite3
  libaprutil1-ldap mailman pwgen
アップグレード: 0 個、新規インストール: 11 個、削除: 0 個、保留: 82 個。
13.0MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 55.1MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? Y

サポートする言語 - ja(日本語)

mailman管理サイトのパスワード設定

日本語がeucで表示されるらしく、文字化けするので下記のようにして、mmsitepassを実行する。

$ unset LANG
$ sudo mmsitepass
New site password: 
Again to confirm password:
Password changed.

もしくは、日本語ターミナルの設定をEUC-JPにする。

$ sudo mmsitepass
新しい サイト のパスワード:
パスワード確認:
パスワードを変更しました.

設定

まずは、パラメーターやディレクトリ権限が正しいかを確認するプログラムがあるので、実行する。 出力がEUC-JPで表示されるので、ターミナルの文字コードをEUC-JPに変更するか、unset LANGをしてから、実行する。

$ sudo check_perms

いくつかの、ワーニングとエラーが出るので、下記のコマンドを実行する。

$ sudo check_perms -f

を実行すると、修復されるとなっているが、うまく動かないようなので、ワーニング表示にしたがって、手動で変更する。ただし、リンク関係のエラーは直せないのでそのままに放置しておく。

mailmanの設定ファイルの編集

$ cd /etc/mailman
$ diff -uN mm_cfg.py.bk  mm_cfg.py
--- mm_cfg.py.bk        2010-04-02 16:35:53.418015858 +0900
+++ mm_cfg.py   2010-04-02 16:44:46.918152860 +0900
@@ -63,7 +63,8 @@

 #-------------------------------------------------------------
 # Default domain for email addresses of newly created MLs
-DEFAULT_EMAIL_HOST = 'polo.local.kensuke.jp'
+#DEFAULT_EMAIL_HOST = 'polo.local.kensuke.jp'
+DEFAULT_EMAIL_HOST = 'local.kensuke.jp'
 #-------------------------------------------------------------
 # Default host for web interface of newly created MLs
 DEFAULT_URL_HOST   = 'polo.local.kensuke.jp'
@@ -73,7 +74,8 @@

 #-------------------------------------------------------------
 # The default language for this server.
-DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = 'en'
+#DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = 'en'
+DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = 'ja'

 #-------------------------------------------------------------
 # Iirc this was used in pre 2.1, leave it for now
@@ -94,7 +96,7 @@
 # Uncomment if you use Postfix virtual domains (but not
 # postfix-to-mailman.py), but be sure to see
 # /usr/share/doc/mailman/README.Debian first.
-# MTA='Postfix'
+MTA='Postfix'

 #-------------------------------------------------------------
 # Uncomment if you want to filter mail with SpamAssassin. For

次に、デフォルトのMLを作成する。

$ sudo newlist mailman

次に、mailmanのサービスを起動する。

$ sudo /etc/init.d/mailman start

これで、mailmanからリスト管理者宛に、メールが届く。

MLを作成すると、 /var/lib/mailman/data/aliases にML用のaliasが作成されるので、それをpostfixで取り込むように設定が必要である。

$ cd /etc/postfix
$ diff -uN main.cf.ok2 main.cf
--- main.cf.ok2 2010-03-27 15:12:51.265358527 +0900
+++ main.cf     2010-03-29 23:05:01.477308468 +0900
@@ -29,7 +29,8 @@
 # information on enabling SSL in the smtp client.

 myhostname = mail.local.kensuke.jp
-alias_maps = hash:/etc/aliases
+alias_maps = hash:/etc/aliases,
+       hash:/var/lib/mailman/data/aliases # for mailman
 alias_database = hash:/etc/aliases
 myorigin = /etc/mailname
 mydestination = mail.local.kensuke.jp, localhost.local.kensuke.jp, ,local.kensuke.jp, localhost

とりあえず、 /usr/share/doc/mailman/README.Debian に書いてあるように、http://<hostname>/cgi-bin/mailman/admin にアクセスをしてみる。 CUIで完結したいので、w3mで試す。

$ w3m http://<hostname>/cgi-bin/mailman/admin

mailmanの画面が表示される。

MLの作成

新しい、MLを作成してみる。パスワードには、mailmanの管理者のパスワードを入力しないと、MLは作成できない。
また、ML名には、@ドメイン は不要

すると、GUI上にエラーが出る。mailmanのエラーログを見ると、aliases.dbが開けないと出る。
そこで、再度check_permsを実行してみると

$ sudo check_perms
/var/lib/mailman/data/aliases.db の所有者は root です. (list でなければいけません)
/var/lib/mailman/data/aliases.db のパーミッションは 066x でなければいけません (0100640 になっています)

というのが出るので、再度、-fを付けて実行する。

次に、GUIにアクセスすると、新しいMLができた状態になっている。パスワードは、メールで送られる設定で作成したが、メールは来ていない。
すなわち、GUIからはどうしようもない状態になっている。

MLの削除

仕方ないので、コマンドラインで削除する方法で削除する。

$ sudo rmlist -a test
リストの案内 を削除中
限定公開保存書庫 を削除中
限定公開保存書庫 を削除中
公開保存書庫 を削除中
test 公開保存書庫 は /var/lib/mailman/archives/public/test.mbox に見つかりません

再度GUIから作成

再度GUIからおなじ手順で作成。 問題なく動作しそうな感じ。

user向けのGUIなども案内メールの内容を見れば、書いてあり問題なさそう。

参考: http://fakelife.info/2009/10/03_000129.html http://satospo.sakura.ne.jp/blog_archives/tech/linux_server/mailman_tips1.html http://satospo.sakura.ne.jp/blog_archives/tech/linux_server/mailman_tips4.html

MLの基本的な設定

(全体的オプション)

  • MLの名前の変更 : 頭文字が大文字なのが気に入らないので、修正する。
  • 件名の先頭につける語句に、番号を入れるようにする。
  • Reply-toをMLになるように変更
  • MLへのメールサイズの制限を600KBに

(プライバシー)

  • 入会申請 : 承認が必要

(保存書庫オプション)

  • 保存書庫は、会員に限定

(公開HTMLページとテキストファイルを編集する)

  • 招待メールを編集 URLなどをはずす

(普通配送オプション)

  • フッタの一番下の行のURLを削除

シーケンス番号の変更

/usr/lib/mailman/bin/withlist -l メーリングリスト名
Loading list LIST (unlocked)
The variable `m' is the LIST MailList instance
>>> m.post_id
1
>>> m.post_id = 1001
>>> m.post_id
1001
>>> m.Save()
>>> (Ctrl +Dを入力)
Unlocking (but not saving) list: LIST
Finalizing

m.post_idに次に配送される番号を入力する。最初に戻したかったら1とする。


トップ   一覧 単語検索   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-09-20 (月) 00:07:28 (2804d)